クマの種類と原因

若い医師

美容に大敵なクマとは、どうしてできるのでしょうか。クマには3種類ありますが、その種類によってでき方が異なります。それでは、種類別のクマができる原因についてお話しします。 まずは、一番多い血行不良によるクマです。これは、疲労や寝不足が原因となり、血行が悪くなることで起こります。目の下の皮膚はとても薄くできており、血液の色が透けて見える場合があるのです。ですから、酸素不足になった血液が流れると黒っぽい色になってしまう訳です。 次に色素が沈着してできるクマです。これは長年にわたり日焼け対策が十分でなかった場合などにできるものです。また、目の下の皮膚をよく擦る癖がある人も色素が沈着する可能性があります。 最後に、老化現象による目の下のたるみでできるクマもあります。

目の下のたるみでできるクマは、皮膚が黒ずんでしまう訳ではありません。たるみによって影ができ、黒っぽく見えるのです。 ですから、このようなクマを治すには皮膚のたるみを除去するしかないのです。でも、安心してください。このクマは美容外科クリニックで治すことができます。 そこで、信頼できる美容外科クリニックを探してみましょう。インターネット上にある美容外科クリニックに関する口コミ情報サイトの利用がおススメです。 施術を受けたことがある人々が書いた口コミ情報は、美容外科クリニックを評価する上でとても有用な情報になります。 安心して任せられる美容外科クリニックを見つけて、目の下のたるみを除去して明るい目元を作りましょう。